ようこそ!

ゲスト さん

新着 エリア 旅仲間 投稿

TOP > 海外旅行全般 >エアライン(航空会社&航空券) >中東系航空会社 >トルコ系航空会社 >ターキッシュ エアラインズ >ターキッシュエアラインズのチケット >昨年購入は違うと思います

昨年購入は違うと思います

No.1067462JORGE20/05/17 08:58

海外旅行全般 エアライン(航空会社&航空券)中東系航空会社トルコ系航空会社ターキッシュ エアラインズ

Flexible changing rights for passengers booking new domestic and international flights
ここに、”New"とあるのが重要。新型コロナで世界中がパニックになって以降の購入切符です。
Ticketing period March 21, 2020 – June 20, 2020
Your rights Change without penalty or Change to Open Ticket
Last date for your new flight December 31, 2021
しかも、良く読むと、制限は色々あります(他のエアラインも同様で、ここが落とし穴なのでご注意を)。
The right to Zero Change Fee is for one time only.
In order to change the ticket to an Open Ticket, the reservation must be cancelled before the date of flight.

Transactions that can be performed on our website and mobile application
Refunds
・Passengers who have unused tickets for suspended international flights can change their tickets for a flight within one year in the same region as the original destination.
があるので、これが現実的でしょう。ただし、6月までに奇跡でも起きて、ある日を境に世界中からSARS-Cov-2が消滅するとかがあれば話は別。しかし、これは人造ウイルスでも(ユニークな挿入がありそれが感染に重要であることから、未だに消えない話)、今の科学では機構を埋め込むのは不可能で、ほとんど三流SF映画の世界の話に近いレベルです。SF映画にあるようなワクチン作製もあり得ないし、既存の抗ウイルス剤や他疾病治療薬も完璧ではなく、精々、このウイルスに特異的な何段階(これが今回のウイルスの巧妙たる所以)の反応の一箇所でも特異的に阻害する薬が見つかれば幸いという程度です。多分、HIVのように複数の段階(プロプロテイン切断と核酸自己複製)で止める方法が一番有効でしょう。これが可能になるのは、数年先です。人類がこのウイルスと共存する覚悟を決めない限り、昔の生活に戻すのは不可能で、このままでは今季(インフルエンザ的にはもう来季の話)中には世界経済は破滅に向かい、いくつかの産業がなくなり、大小問わず多くの企業が倒産します。逆に、しっかりと科学的な目と頭で向き合ってウイルスと付き合えば、ほぼ従来型の生活が送れるのですが、それを実践できる政治家が世界にはほとんど居ないのです。

もし、奇跡がおきて、6月のフライトが予定通り運行されれば、
・Passengers with tickets for non-suspended international flights purchased before or on March 20, 2020, can change their tickets before the hour of flight. For detailed information regarding change requests, please visit Zero Change Fee

前に戻りますが、
For your suspended flightsは、A voucher for 15% more valueか1,000 Miles for 10 Euros。
のみです。前者もフライト変更もTKが存在してなければ、ただの紙切れになります。現金を貰えるうちに受け取っておくが一番なのですが、経営状態が悪いとかは聞いていないのですが、エアラインとしてはバウチャーにするのと現金に戻るのとは大違いで、長期戦に構えるとのことで、後者(手数料なしでの返金)を捨てたのでしょう。トルコ航空が転けるくらいなら、世界中のエアラインのほとんどは消滅するでしょう。でも、昨日書いたように、大赤字でも飛ばせている国内線ですら、この時期になって(もう厳重警戒状態は過ぎ去った)乗客の空間管理をはじめてしまいました。Social distancingはCDCが書いているように本来は物理的距離設定で、社会したのは誤りだと思っています。JALのファーストで1-1-1、クラスJで1-2-1か1-2なので前者で半減、後者でも4/7か3/5に減少で、赤字をさらに拡大させるだけです。

入国だって、症状の有無とRNAの陽性陰性でともに後者なら、入国させ後は無罪放免か、精々5日の隔離で十分。14日は国が入国者の行動把握と本人の報告を義務付けることにした条件付き入国にすれば良いだけなのです。しかも、3月まで少なくとも日本人にはほぼ無制限で入国させていたのが、今更強化してもほとんど意味がないのです。このあたりの杓子定規的かつ非科学的対応は日本に限ったことではありませんが。これも、別の機会に書きたいことです。

拍手:1

通報する

新着の回答

ツリー表示

時間順表示

  • 1

関連トピック

TOP > 海外旅行全般 >エアライン(航空会社&航空券) >中東系航空会社 >トルコ系航空会社 >ターキッシュ エアラインズ >ターキッシュエアラインズのチケット >昨年購入は違うと思います

旅に出よう

ヨーロッパ ツアー最安値


2020/9/29更新
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について