ようこそ!

ゲスト さん

新着 エリア 旅仲間 投稿

TOP > ヨーロッパ >ヨーロッパ全般 >テーマを特定しない >ブダペストにて >5月29日・・・③「やり残し第一弾、アルベルティーナ」

5月29日・・・③「やり残し第一弾、アルベルティーナ」

No.2245駱駝シァンズ05/06/11 00:46

ヨーロッパヨーロッパ全般 テーマを特定しない

アルベルティーナは3年前の当時、改装中の為、入っていませんでした。
特別展が2つ、「モンドリアン展」と「ゴヤとピカソ」。
チケットを買う時、何かモゾモゾと言われる。聞き取れなかったので聞き返すと、どこの国から来ました?と聞かれている。
嘘つく理由もないし、日本、と答えましたが、美術史美術館など、後に行く主要観光地でもどこから来たかを聞かれました。
旅行者が何人来たか、というのはこうやって調べているのかな??

「ゴヤとピカソ」では、2人のデッサン以外にもゴッホやセザンヌ等々、デッサン以外にも水彩画なんかもあり、結構な展示。ピカソのデッサンは多くありましたが、ゴヤの方はせいぜい5~6枚ぽっち。
そういえばゴヤのデッサンなんて見た事ないや。5枚集まっただけでも奇跡、なのかも。

モンドリアン、というと「ブロードウェイ・ブギウギ」の原色と直線のイメージが強かったですが、今回のモンドリアン展は正統派の油彩風景画に始まって、印象派のようなボヤァッとした油彩、キュービズム、と続いて、彼の画風が変わっていく様子がわかるよう展示されている。

キュービズムがだんだん直線的になっていき、最後は僕も知っているブロードウェイ・ブギウギのような作品になった。
画風の変遷はもちろん、モンドリアンが僕も見知ったフツーの油彩を書いていたことも、今回初めて知った。

ひとつ利口になってしまった。

しかし、常設展示はレオポルド美術館に貸し出し中の為か、期待ハズレにショボく感じましたが。


続けて行ったのが美術史美術館。

時間がないので、見たい絵画だけサッサと見てしまい、ここでの目的である中央階段ホールを見る。

実際、ここのホール上部のクリムトの壁画を目的にこの美術館を訪れる人って、少なくないと思う。
今まで行った、どのミュージアムのエントランスホールよりも、ここのホールが一番好きです。

しかしこの壁画、せっかく部門ごとに書いてあるのだから、エジプト部門の壁画はエジプト展示の入り口に、イタリアルネッサンスの壁画は、そっちの入り口に書いて欲しい。というのが僕のちっぽけな不満。

拍手:0

通報する

新着の回答

ツリー表示

時間順表示

  • 1

関連トピック

TOP > ヨーロッパ >ヨーロッパ全般 >テーマを特定しない >ブダペストにて >5月29日・・・③「やり残し第一弾、アルベルティーナ」

旅に出よう

ヨーロッパ ツアー最安値


2021/3/31更新
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について